ロシアの予算案における国防費の割合がソ連末期以来の水準に戻ったとの報道ですね。ウクライナ侵攻に伴う軍事力の強化が背景にあるのでしょうか。安全保障上の要素も考慮されているのかもしれません。




<関連する記事>



ロシア予算、3割が国防費 ソ連末期以来の水準
 ロシアのプーチン大統領は27日、ウクライナ侵攻下、2024年予算案に署名し、成立させた。  歳出約36兆6600億ルーブル(約61兆円)のうち、国…
(出典:時事通信)

<ツイッターの反応>


時事ドットコム(時事通信ニュース)
@jijicom

ロシア予算、3割が国防費 ソ連末期以来の水準 jiji.com/jc/article?k=2… ロシアのプーチン大統領は27日、2024年予算案に署名し、成立させました。英字紙モスクワ・タイムズ(電子版)によると、予算の3分の1相当が国防費に充てられるのは、ソ連時代末期の1990年以来。

(出典 @jijicom)

幸谷智紀
@tkouya

コレが可能だってのが凄いな。>ロシア予算、3割が国防費 ソ連末期以来の水準(時事通信) approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=h…

(出典 @tkouya)

エヌヒデ
@HDK_0380

ロシア予算、3割が国防費 ソ連末期以来の水準(時事通信) #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/a29df… それでも財政的には日米より全然余裕があるんだよなあー、資源の買い手は沢山いるし

(出典 @HDK_0380)